新着情報

NEWS RELEASE 新着情報

2022年06月

【マインドセット講座25】整える

こんにちは。

一般社団法人MindLabo 片浦啓子です。

星の数ほどあるHPより、お越しいただきまして誠にありがとうございます。

 

本日は2回目の投稿です。

さて、本日の2つ目のテーマは、「整える」です。

 

明日、あるプロジェクトが終わります。ここ数年アサインして頂くお仕事なのですが、

いつも有難く思っております。

 

お仕事のアサインは、正直どなたでもあるチャンスだと言えます。

ただ、プロと言えるかどうかは、再オフォーがあるかどうかだと捉えています。

 

自身だけかもしれませんが、2年前のコロナ禍から、チャンスさえもなかなか厳しくなってきています。

今年年始もかなり苦戦していました。キャリアを積んできても、心折れそうになります(苦笑)。

 

それでもあきらめず、継続できるかどうか、こちらが一番の能力かもしれません。

 

昔、女性起業家に「成功する秘訣は何ですか?」とお伺いしたら、

「継続力があるかどうか、それだけよ。」と一言。

さらに、「生半可でやるなら、最初から辞めておいたのがいいよ。」とも。

 

前置きが長くなりましたが、

自分のパフォーマンスを発揮するためには、仕事と仕事の間をとても大事にするようになりました。

 

整えるために何をすることが必要なのか?

いろいろ試しています。

 

今日は、お散歩です。

1万歩ゴールにしたのですが、8000歩で終わりました。

 

「わたしは、整えるために何をしよう?」

内省する(セルフリフレクション)の問いです。

 

追記

482C42BB-C6CF-4501-BE09-F81972BFF05B.JPG

最近、パンを習いました。

料理やお菓子やパンを創ることも、自身にとって整える時間になるのだと、感じております。

そして、やはりほしくなってしまいます、高性能なオーブン(笑)

 

4DB2A71C-05A3-4B6F-B489-9A10E12BBBE6.JPG

パンランチも創り、美味しかったです。

最近、お料理上手と娘から言われて嬉しくなりました(⋈◍>◡<◍)。✧♡
 

 

一般社団法人MindLabo

片浦啓子

  • Category:
  • Author:selfmanagement

【マインドセット講座25】コラボレーションマインド

こんにちは。

一般社団法人MindLabo 片浦啓子です。

星の数ほどあるHPより、お越しいただきまして誠にありがとうございます。

 

今日の名古屋は、朝から雨が降っています。

梅雨入りしても、なかなか雨が降らなかったので、豊穣の神様が手助けしてくれているように感じます。

たまに変わったことを申し上げます(苦笑)、失礼致しました。

 

さて、本日のテーマは、「コラボレーションマインド」

 

令和のキーワードは、コラボレーションだと聴いています。

たしかに、著名人方々が、いろいろな方とコラボレーションしているのは、印象的です。

 

そこには、対等のエネルギーがないかぎり、コラボレーションはないでしょうし、

対等のエネルギーがなくてのコラボレーションであれば、バランスを崩すと感じています。

どなたとコラボするかは?とても考察することが、重要そうですね。

 

さて、自身もお仕事でコラボレーションさせて頂いていると感じます。

本業の株式会社Calmでは、エージェント企業様、研修先の企業様、ある意味コラボレーションです。

そこには共通する目的と戦略があります。

 

今や企業研修講師のお仕事は、厳しい世界でもあるので、それを理解して賛同しないならば、再オフォーはありません。

 

最近読んでいる本に「なるほど」「そうだよね」「「それでいいんだ」、納得感、共感、安堵感を感じる文面がありました。

 

「戦略に関しても、絶対の正解はないわけです。いろいろな考え方がある中で、ディスカッションをしながら、みんなでこっちに行こうと決めた。にもかかわらず、その方向に一緒に行けないのであれば、ともに働くのは難しい。」

引用文:著者 樋口泰行氏 本「パナソニック覚醒」より

 

令和の時代のキーワードは、「変容」だと捉えていたのですが、最近になってそんな甘い変化ではなく、

「覚醒」なのだと捉えています。

 

コラボレーションマインドの醸成をしながら、覚醒していく。

時代の高度化を感じます。

 

高度成長期であった時代は、ひたすら頑張ればよかった。

そして平成では、頑張らないマインドが流行り、なんだか上手くいかなくて衰退することもあり。

 

ただ、令和は頑張っても覚醒はしません。そんな簡単ではないと感じます。

覚醒とは、目がさめること。目をさますこと。

 

目をさました人と、眠っている人。

もっと大きな時代の変容がまっていると感じます。

 

「わたしは、何に目をさます必要があるのか?」

内省する(セルフリフレクション)の問いです。

 

 

一般社団法人MindLabo

片浦啓子

  • Category:
  • Author:selfmanagement

【マインドセット講座24】夏至に想う

こんにちは。

一般社団法人MindLabo 片浦啓子です。

星の数ほどあるHPより、お越しいただきまして誠にありがとうございます。

 

今日は夏至でした。

名古屋は夕方からかなり強めな雨が降っています。

浄化されているのでしょうか。

 

6月18日に、伊勢に行ってきました。

7・8年前の遷宮の時は、心惹かれることもなく、おかげ横丁にも惹かれず(苦笑)、

今頃になって、ふと行ってみたくなり、伊勢に行くのは20年ぶりぐらいでした。

 

伊勢詣りも1日雨で、五十鈴川もやや川の量が多っかたです。

さらに傘をさしていても、全身びしょ濡れのような感覚となり、面白かったです。

 

さて、本日のテーマは「夏至」です。

 

太陽のエネルギーがもっとも大きくなる日であるとか。

次のステージに進むためのヒントやメッセージがやって来やすいようです。

 

実はコロナ禍の2年前に私事ですが、大きな決断を致しました。

今年も大きな決断をすることになりそうです。

 

怪しまれるかもしれませんが(苦笑)、いろいろなメッセージがやって来て、

そのメッセージに疲れてしまうこともあるのですが、前を向かなくては感じています。

 

本日はややスピリチュアル的な内容でもありましたが、

自分の内側と繋がり、あなたの感覚を大事にしてみるのもいいですね。

 

内省(セルフリフレクション)の問いは、

「あなたは、どのように社会と繋がっていきますか?」

「そのために、本当に大切なことは何ですか?」

新たなステージが啓かれますように♡

 

 

一般社団法人MindLabo

片浦啓子

 

 

  • Category:
  • Author:selfmanagement

【マインドセット講座23】終わり方ではなく、始まりに意識を向ける

こんにちは。

一般社団法人MindLabo 片浦啓子です。

星の数ほどあるHPより、お越しいただきまして誠にありがとうございます。

 

ここ名古屋も、梅雨入りしました。8日遅れだそうです。

湿気が多いと、不調が起きやすいので気をつけて参りましょう!

 

さて、本日のテーマは「終わり方」です。

 

相談されました。

「最近、ラインやメールで一言、やっぱり辞めますと伝えてくる。やりきれないです。」

 

ある店長さんからの相談と愚痴でした。

最近では、退職の宣言を代行する会社もあるぐらいです。

言われる側の身になってみれば、とても悲しくやりきれないと感じます。

 

その店長は、辞める事に対していっているのではなく、辞め方に傷ついていらっしゃいました。

それだけ、人を大事にしていたのだと思います。

 

今はメールで一言が主流だよ、というお声も上がってきそうですが笑、相手の気持ちや状況を考えているとは自身では思えないひとりです。

前もって、又は電話で、又は対面で、それぞれの事情があったとしても、終わり方って大切だと思っています。

自身もまだ生々しい体験として、店長と同じ気持ちが心に残っています。

 

未来の親友として

未来の仕事のパートナーとして

未来の人生のパートナーとして

 

そう思っていた人達だったからこそですが、店長のように別れを言われ、悲しみの時間を過ごしました。

そういう別れ方は、もう二度と声もかけることもできないです。

 

いい別れ方って、また逢えることなんだと思っています。

でも、その体験があるからこそですが、店長にはアドバイスしました。

 

 

「終わり方が許せないのであれば、始まりに感謝するといいですよ。」

 

 

出逢ってくれて、ありがとう。

今まで、楽しい時間をありがとう。

 

感謝の気持ちで、心を満たせるほうが幸せだと思うからです。

 

店長を心から応援しています。

未来にたくさんいい事が、降り注ぎますように・・。(そんな曲がありましたね笑)

 

「その方の出逢い(はじまり)に感謝すると、どんな気持ちになりますか?」

内省する(セルフリフレクション)の問いです。

 

一般社団法人MindLabo

代表理事 片浦啓子

 

 

  • Category:
  • Author:selfmanagement

【マインドセット講座22】嫌われること

こんにちは。

一般社団法人MindLabo 片浦啓子です。

星の数ほどあるHPより、お越しいただきまして誠にありがとうございます。

 

今日は昨日と違って、名古屋はとても爽やかな1日でした。

空の青さがとても綺麗で、澄んでいました。

そして、心地よい風もあり、こんな環境で日々暮らしていけたらと希望も湧いてきます。

 

さて、本日のテーマは「嫌われること」

 

3年前ですが(コロナ禍前)、大学の親友達とランチを取る機会があり、

お互い50歳になったからこそかもしれませんが、まだまだ知らないことが多いと感じる日でもありました。

 

人間関係の話で、親友が「わたしは、嫌いな人がいない。」と言っていました。

私は驚きと共に、うそでしょ?又は釈迦か仙人なのかと感じておりました。

 

でも、改めて思うのは、彼女は周りに敵がいないと言いますか、アンチがいないといいますか、

私と違って(苦笑)誰からも好かれるタイプです。彼女の尊敬する部分です。

 

ある意味、彼女の事を嫌っていた人がいても、彼女はその人から好かれていると思う能力があり、

その在り方が逆に嫌いを好きに変えていく力があるのだろうと感じています。

 

在り方の高さにも繋がります。

そして、楽観性がめちゃめちゃ高いのはたしかです(楽観性=自分にとって都合よく意味づけすること)。

 

でも、今は自身も変化しました。

「嫌いな人はいません。」「苦手な人はいます。」今はそう思っています。

今ならですが、親友の気持ちがよく理解できます。

 

「嫌われることが嫌だ」という方は、意外にも多いのですが、誰からも好かれなくてはならないというブレーキ(信念)を

持っていることがボトルネックになっている事は多いと感じます。

自身もそうでした。

 

だからこそですが、あまりセルフイメージを高くする事はしないようにしています笑。

 

そして、「どう思われるかより、どういう在り方でいるのかが大切です。」

今の時代に一世風靡したローランド氏は、あるTV番組でおっしゃていました。

 

最後に「好き嫌い」なんて不確定なモノであり、今日好きであっても、明日嫌いになることはあります。

そこに、人生や仕事やプライベートに価値を置いても、どうなのか?ということです。

 

何を選択するのかは、自由です。

 

ただ、人にどうも思われるかに価値を置いているかぎり、

自身のパフォーマンスを発揮することは困難だと感じています。

 

「わたしは、どういう在り方でいる方が心地がよいのだろうか?」

内省する(セルフリフレクション)の問いです。

 

追記

今日は梅を漬けました。台湾茶梅と、梅シロップです。楽しみです!

 

 

一般社団法人MindLabo

代表理事 片浦啓子

 

 

  • Category:
  • Author:selfmanagement

【マインドセット講座21】雨の日の友達

こんばんは。

一般社団法人MindLabo 片浦啓子です。

星の数ほどあるHPより、お越しいただきまして誠にありがとうございます。

 

本日のテーマは、「雨の日の友達」です。

 

今日は朝から名古屋は雨が降っていました。

さて久しぶりに、14年前のクライアントさんにお会いすることができました。

 

自身の14年前は、ある企業を退職して、フリーランスになる人生の転機の時でありました。

苦労していた当時の自分をご存知なのが、自身にとっても不思議な感覚です。

 

また、クライアントさんにとっても、会社を辞めて独立する転機の時であり、

ビジネスコーチングセッションのご依頼を受けた次第です。

 

クライアントさんからは、雨の日の友達と言われています。

 

この意味を実は自身は忘れていたのですが(苦笑)、人生がとても辛い状況で心に雨が降っている時に、

そばに居てくれた人や、支援してくれた人、を雨の日の友達とラベリングされています。

 

とても感性豊かな方で、クライアントさんのラベリングの手法は、尊敬の念を持っています。

 

ビジネスコーチを3年程担当させて頂き、そこからは音信不通だったのですが、

突然fファーストコーチ(自身)と会いたくなったとのこと。

 

コーチングをビジネスに取り入れて、成功されているお話を伺いました。

 

有難いです、今でもその人の人生に繋がりを持たせてもらえること。

コーチ冥利に尽きます。

 

考えてみれば、このコロナ禍の2年間、今だから言えますが「カオス」でした(笑)。

仕事もプライベートもです(涙)。

 

それでも、いろいろな方々に支援をして頂きました。

 

ちなみに、晴れの日の友達は、長続きしないとクライアントさんに教えてもらいました。

自分の調子がいい時に、出会ったり、寄ってこられた人、悪くなると離れていく。

本当にそうだなと思います。

 

最後に、スターウォーズから見る、人の心理のお話等(笑)、本当におもしろい話ばかりでリフレッシュにもなりました。

 

クライアントさんが、お仕事でもプライベートでも、幸せそうなお話を聴けて、自身も幸せな時間となりました。

美味しいご飯、ご馳走様でした。

 

「わたしにとっての雨の日の友達を、心から大切にしていますか?」

内省する(セルフリフレクション)の問いです。

 

 

一般社団法人MindLabo

片浦啓子

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【ご案内】

5月15日からスタートする

「風の時代に必要なマインドセット講座2.0」募集開始致しました!

https://www.self-management.or.jp/course/

  • Category:
  • Author:selfmanagement

【マインドセット講座20】ストレッチ目標

こんにちは。

一般社団法人MindLabo 片浦啓子です。

星の数ほどあるHPより、お越しいただきまして誠にありがとうございます。

 

2022年6月5日(日)10時~14時、弊社公認インストラクター対象のオンライン勉強会でした。

 

いよいよ終わりが見えてきました。オンラインライブ講座は、残すところあと3回です。

 

長い間、インストラクター養成にエネルギーを使用してきました。

いろいろございました、、、ただ、楽しい思い出の方が多いです。

有難い経験ばかりです。

 

さて、インストラクター講師養成において、人財育成において、大切な観点の1つに「ストレッチ目標」だと捉えています。

 

これは企業研修の部下指導法においても、課題を置かれている方も多く、質問や相談を受けるときがあります。

どのようにストレッチ目標を立てたらよいのかです。それだけ、難しいと言ってもいいのかも知れません。

 

高すぎるのでもなく、低すぎるのでもなく、どう目標を立てるのか?人の成長のために重要な要素です。

 

基本、キャリアを築く上て自身が大切にしている考え方は、「同じことはできるだけしない」です。

勿論、望ましい未来を実現していくために、再現性が重要な事もあります。

 

改善の文化を弊社にも浸透定着するために、「改善をいれる」ことの重要性を何度も伝えてきました。

 

今では、公認インストラクター自ら、改善点をフィードバックしてほしいと要望を頂きます。

公認インストラクター全員のレベルが、高くなってきているのは、自身の誇りでもあります。

 

そして、ストレッチ目標を立てて進めていくと、かならずと言って言われる言葉があります。

「不安です」の一言です。

 

新しい自分に出会うためには、ストレッチ目標を活用して、挑戦していくことが大事と考えています。

でも、挑戦と不安はワンセットです。一緒に扉を啓いていくパートナーとも言っていいかもしれません。

 

苦しい事もあります。でも、新しい自分に出会えたときの喜びや嬉しさは、何よりも価値あることであり、

人生の幸せや豊かさに繋がると感じています。

 

なぜなら、他人の成長もそうですが、成長や進化に対して喜びを感じられるのは、人間そのものの特有な能力だと捉えています。

 

いろいろな自分に出会えたら、たぶん人生もより豊かになりそうです。

自分の可能性を啓く、自身の生きるテーマでもあります。

 

何かのご参考になれば、嬉しいです。

今、何かに新しい取り組まれようとされている方、応援しています!

不安があるということは、新しい未来がそこに待っていてくれます。

ファイト!

 

「わたしは、どういうストレッチ目標があると、人生がより豊かになるのだろうか?」

内省する(セルフリフレクション)の問いです。

 

 

一般社団法人MindLabo

代表理事 片浦啓子

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【ご案内】

5月15日から開講中

「風の時代に必要なマインドセット講座2.0」

https://www.self-management.or.jp/course/

 

  • Category:
  • Author:selfmanagement

【マインドセット講座19】レジリエンスとは何か

こんにちは。

一般社団法人MindLabo 片浦啓子です。

星の数ほどあるHPより、お越しいただきまして誠にありがとうございます。

 

2022年5月29日(日)10時~12時、

第2回目 風の時代に必要なマインドセット講座2.0 が開催されました。

 

後半は、波木ゆかり講師の講座でした。テーマは、「レジリエンス」です。

コロナ禍の中で、心理学用語として世に広まった言葉「レジリエンス」があります。レジリエンスとは何か、簡単に言えば「回復力」です。

 

私事ですが、先々週の土曜日に食あたりをして、1日嘔吐が止まらず大変でした。

日曜日は立つこともままならず、月曜日は心肺停止ぐらい(笑)すべてが停止していました。

(2年前から打撃やストレスが、胃腸にくるようになっています)

 

また、年齢も大きく影響するのではないかと感じておりますが、身体も心も「回復力」に時間がかかるようになりました。

 

80代の母を見ていて感じるのは、年々回復力に時間がかかるのを実感しています。

それはそうですよね、細胞にも若さがあります。

 

何を申し上げたいのかと言いますと、50代になって、回復に時間をかけるようにしています。

 

ちなにに、ストレスは、ストレッサー(ストレスの原因となるもの)という表現で数値化されています。

成功しても、ストレスなんです。おもしろいです。

ライフイベントとして、代表的なモノは以下にあります。

 

配偶者の死 100点

離婚 73点

親族の死  63点

結婚 50点

解雇・失業 47点

退職 45点

転職 36点

配偶者との口論の大きな変化 35点

息子や娘が家を離れる 29点

個人的な成功 28点

 

あくまでも、学術的なエビデンスの1つではありますが、傾向値としては知っておくと目安になります。

ストレスは悪いものではなく、日々適度なストレスがあることも重要であると言われます。

 

ただ、そのストレスに対して、どう回復していけるのかは、個人の技術(ストレスマネジメント力)になると考えています。

コロナ禍においては、回復力はこれからもっと大切になってくると考えます。

 

話は長くなりましたが、波木講師の「レジリエンス」講座は、レジリエンスとは何か、

どのように回復していくことが大事なのか、心理的ストレッサーに関しての対処の仕方を学べる講座です。

 

まさにマインドセットが大切になります。

 

また、波木講師は、日常にヨガを取り入れて整えていらっしゃることを伺っております。素敵な習慣だと感じています。

 

このヨガのベースとなる「マインドフルネス」もレジリエンスにとても有効な手法であり、

実践されているからこその、言葉の影響力が大きいと講座を受けて感じた点でもありました。

 

波木講師がレクチャーされた「マインドフルネス」に、ご受講の皆様の反応がとても高く、自身も拝見していて驚いております。

興味を持たれる方が、やはり多いのですね。

 

波木講師は、コンテンツ構築がとても上手く、現役講師の自身も参考になっています。

ロジカルシンキングをベースとした構築で、腕を上げています。

 

また、身内の話しになってしまいました(笑)

失礼致しました。

 

「わたしは、何にストレスを受けているのだろうか?」

内省する(セルフリフレクション)の問いです。

 

一般社団法人MindLabo

代表理事 片浦啓子

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【ご案内】

5月15日から開講中

「風の時代に必要なマインドセット講座2.0」

https://www.self-management.or.jp/course/

 

  • Category:
  • Author:selfmanagement

【マインドセット講座18】自己肯定感は必要か?

こんにちは。

一般社団法人MindLabo 片浦啓子です。

星の数ほどあるHPより、お越しいただきまして誠にありがとうございます。

 

 

2022年5月29日(日)10時~12時

第2回目 風の時代に必要なマインドセット講座2.0 が開催されました。

 

前半戦は、山本智香子講師の登壇でした。

今回はそもそも論ですが、「自己肯定感は必要か?」を最初の問いに、受講者様12名の意見が沢山あがりました。

 

オンラインライブ講座の醍醐味は、受講者様方々のご意見を伺うことであると捉えています。

ご受講様の意見を活用させて頂きながら、どう化学反応を起こすのか?

 

一方的な知識や情報提供は、動画を見ればよいことであり、オンラインライブ講座の価値提供がそこのあることが重要だと、代表として考えております。

 

勿論、講座の中には、山本講師の知見や知識提供は、あります!

 

ただ、社団のコンセプトである「この、マインドでいこう!」を重要視しているため、私たち公認インストラクターの知見は、1つの判断材料であり、そうであってほしいと思っております。

 

山本講師の「こだわり」は、時として「執着」となりやすいのですが(誰でもそうでうなりやすいですよね)、今回はそれを手放して、新たな自分に挑戦している姿に、代表として一番の学びと気づきを頂いた感じです。

 

人は何に一番感動するのか?

 

挑戦したり、頑張っている姿に、人は感動を貰えるのではないかと、自身では捉えております。

影響を頂くと言ってもいいのかもしれません。

 

「自己肯定感は、自分らしく幸せで豊かにいきるために必要である」という前提で、山本講師は、今後も言葉を通して社会に表現し、活躍されていくお一人です。

 

最後にですが、最近、企業研修講師を担当させて頂く中で、ちょっと時代の変化を感じることがあります。

 

それは、、

 

自己肯定感という言葉が、世の中に共通認識として、共通言語として、広まりつつあるのだと感じています。

特に若い方々の対話に、「自己肯定感が高い」「低い」等、当たり前に活用されている状況は、昔はなかったと捉えております。

 

本の出版も、自己肯定感のテーマは非常に多くなりましたね。それだけ、時代も求めているのではないかと考えます。

 

来週の第3回目の山本講師の講座も、個人的に楽しみです。

内和事で大変申し訳ございませんが(笑)、2年前と比べて、オンラインのファシリテーションがとても上手くなりました。(*上から目線で失礼いたします:笑)

 

これからの時代に必要な技術です。表現方法は、沢山あることの方が望ましいと考えるからです。

自己肯定感を高めるだけで、実は、自分らしく幸せで豊かに生きれるのではないかと、自身では感じているぐらいです。

 

 

一般社団法人MindLabo

代表理事 片浦啓子

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【ご案内】

5月15日から開講中

「風の時代に必要なマインドセット講座2.0」

https://www.self-management.or.jp/course/

 

 

  • Category:
  • Author:selfmanagement