新着情報

NEWS RELEASE 新着情報

2022年03月

【片浦啓子の風の便り】日常を丁寧に生きる

こんにちは。

一般社団法人MindLabo代表片浦です。

星の数ほどあるホームページから、弊社公式HPにお越し頂きまして誠にありがとうございます。

 

さて、アフターコロナと言われる時代、周りの価値観がやはり変化していると感じます。

世界では戦争も起きて、世界の飢餓問題も耳にするようになり、

日本ではやはり地震も心配で、不安要素は考えればいつも沢山あるのではないでしょうか。

 

では、周りの状況がどうであっても、自身の状況がどうであっても、

穏やかなに生きるためにはどうしたらよいのでしょうか?

 

大事なことは、「今に集中して生きる」ことだと捉えております。

わたしたちは、今に生きているからとも言えます。(今しか生きられない、とも言えます)

 

最近私事ですが、日常を丁寧に生きることを大切にしています。

「日本人はとにかく働き過ぎ。」(←自分もそうだった:笑)

 

ある経済学者が言う一言に妙に納得していました。

少子化問題も根本原因はここだと。(いろいろな陰謀論はここでは置いておいて:苦笑)

 

アフターコロナで最大に変わったのは、自身の働き方です。

毎日毎日、仕事のことが頭から離れない人でした。

まじめと言えば、まじめです。(いや、、素晴らしいことです。)

 

ただ、2年前に50歳となり、コロナ禍となり、自分の考え方が180度変わったのかもしれません。

長時間労働は「善」であるというビリーフを、頑なに大切にしてました。

これは潜在意識にあったもので、自覚がありませんでした。

 

今はどうなのか、この内容に関しては、

2022年5月から開催する「風の時代に必要なマインドセット2.0」オンライン講座にて

お話できたらと思っております。

 

前置きが長くなりましたが、日常を丁寧に生きるとは何か?

自身は、1つ1つ手間をかけることを大事にしています。

ただ、これはできる日とできない日があり、余裕がある時だけでも良いと捉えております。

 

例えば、コーヒーが大好きですが、仕事の時はコーヒーメーカーを使用します。

余裕があるときは、ドリップコーヒーで自身が作ります。

 

私の知り合いで、コーヒー豆を挽いている時(時間)が好きという方がいらっしゃいます。

そんな素敵な人生を送りたいと、今まねしています。

 

軽井沢で購入した大切にしているコーヒーミルがあるので、

手でコーヒーミルをごりごり廻しながら、豆を挽いています。

 

どんな小さなこともいいので、何か好きなことを丁寧に、手間を掛けてみる。

ぜひ、よろしければ何かやってみてくださいね。

 

昨日はチキンカレーを料理教室で学びました。

4ED30011-2883-4211-93E6-AB01FD952E54.JPG

最近は、料理に手間をかけることが好きです。

タマネギのみじん切りをプロから教わり(今さら:笑)、

これも丁寧に生きるに繋がるのだと感じた次第です。

 

タマネギをみじん切りするという結果は同じでも、

プロセスが違うことで、感じ方(感情)や見え方が違うのだと気付きました。

 

人生も同じことかなと。

 

結果は同じでも、どんな環境で、どんな人達と、何を、どのようにしたのか。

プロセスによって、人生の幸福度が違うように思います。

 

社団のメンバーと同じ目的で進めることも、自身の幸せのプロセスの1つです。

本当に有り難いです。

 

それでは、素敵な1日をお過ごしくだしさいませ。

 

「風の時代に必要なマインドセット講座2.0」は、今週末土曜日9時~

募集開始致します!

https://www.self-management.or.jp/news/archives/51

 

 

一般社団法人MindLabo

株式会社Calm

企業研修講師

ビジネスコーチ

片浦啓子 拝

 

 

  • Category:
  • Author:selfmanagement

【社内勉強会】要素分解するチカラ

こんにちは。

一般社団法人MindLaboの片浦です。

 

星の数ほどあるHPより、公式ホームページに起こしくださいまして、

誠にありがとうございます!

 

さて、2022年3月6日(日)10時~13時まで

社内勉強会でした。メンバー全員が集まっての勉強会です。

 

本日は「マインドセット」を要素分解してみよう!でした。

物事には、全体像があります。

 

公認インストラクター全員が自身の夢にむかって、

また、新しい働き方の構築のために挑戦していますが、

 

人はどうしても行動していると、集中してしまいやすく、

全体像や周りが見えなくなっていくという特性もあります。

 

時には、視座を高めるために全体像を見ていく機会が必要ですね。

人生も本質は同じことだと感じています。

 

自身も気付きをたくさん頂きました。

応用ばかりおこなっていると、基礎を忘れるようです(笑)。

 

全体から一体どの部分を活用しているのかを考える習慣

「すべてのものは、構造と要素からできている」

 

同志で集まることで起こる化学反応

メンバーに感謝するばかりです。

 

勉強会を終えて、あることを考えていたら、ベランダから虹が見えました。

「それでいいんだよ。」を肩を押された気持ちです。

 

一般社団法人MindLabo

代表理事 片浦啓子

 

 

  • Category:
  • Author:selfmanagement

【社内勉強会】メンター制度のためのオンライン勉強会

こんにちは。

一般社団法人MindLaboの代表片浦です。

 

星の数ほどあるホームページより、弊社のHPを選択して頂きまして、誠にありがとうございます。

何かしら仕事やプライベートのお役に立てることができれば、嬉しいです。

 

さて、弊社はメンター制度を昨年から導入致しました。

今までは代表自身が育てるというスタンスでしたが、

みんなで育成していく風土を高めたいため、この制度を導入した次第です。

 

人材育成は、育成する側がもっとも成長すると捉えています。

そのメリットは自身だけが手に入れるのはどうかと思い、制度を導入した意図もあります。

 

今、弊社ではふたりのメンターがいます。

その方々のための社内勉強会を、振返りを兼ねておこないました。

 

企業様でもメンター研修を強みとさせて頂いているからこそ言えるのですが、

DoingよりもBeingがとても大切になります。

 

つまり、育成する側のBeingの向上に勉強会の意図があります。

 

影響を与える側のBeingをどう改善を入れていくのか

マインドセットはかなり高度です。

 

たとえばですが、「相手に期待をする」というのは、

心理学でも言われるピグマリオン効果としてとても大切な概念です。

 

つまりロジックなので、活用していく必要性があります。

ただ、1つここにはコツがあります。

それは、相手に期待しても、成果や結果に固執しないという考え方です。

 

中村天風氏は、「執着の法則」と言っています。

 

このバランスを身体感覚で学ぶ必要があります。

机上では学べない技術です。

 

やってみないかぎり身につかないのが「コミュニケーション力」とも言えます。

 

身体感覚とロジックを合わせていくことの重要性を

ある経済評論家は伝えていますが、

 

身体感覚(経験値・直感)とロジックをどう組み合わせていくのか、

メンタ-制度の期間、できるだけ支援していけたらと思っております。

 

マインドセットのロジックを

2022年度の春講座でお伝えしていけたらと感じております。

 

追伸

ベランダのお花がたくさん咲き出したのですが、○むしさんも出てきて困ります。

陰陽の法則でしょうか笑)。

好きなものと、嫌いなもの、バランスよく出てきますね。

 

 

一般社団法人MindLabo

代表理事 片浦啓子

 

 

 

 

  • Category:
  • Author:selfmanagement

【社内勉強会】仕組みで解決するのか、行動で解決するのか、マインドで解決するのか

こんにちは、一般社団法人MindLabo 代表理事片浦啓子です。

星の数ほどあるHPより、お越し頂きまして誠にありがとうございます。

 

何か物事を解決するのに、3つの観点で考えるようにしています。

・仕組みで解決する

・行動で解決する

・マインドで解決する

 

 

ちなみに、どの順番で高度であると考えられますか?

又は難しさ、大変さ、という基準でも大丈夫です。

 

 

1,マインド

2,行動

3,仕組み化

 

 

であると自身では捉えています。

 

 

さて、2月28日(日)第3回社内オンライン勉強会(3H)が開催されました。

 

公認インストラクターがセレクトした本を学びのためにシェアするのですが

今回はロジカルシンキングを学びながらの社内勉強会でした。

 

仕組み化をしていくには、ロジカルシンキングの概念がとても大切だと考えており、

(現役企業研修講師が活用している)あるフレームワークを活用したシェア(発表)を行って頂きました。

 

自分が考えた構成と、フレームワークを活用しての構成の違いを、体感して頂きたかったからです。

 

また、「物事を立体的に捉えて話すように。」と伝えたのがわかりにくかったようで、反省しつつ、

改めてロジカルシンキングの概念、帰納法と演繹法を活用するようにと、知識提供させて頂きました。

 

マインドを指導することは一番高度であり、困難さがあります。

それよりも、行動を指導した方が効き目が早いです。

さらにそれよりも、仕組み化して指導した方が、もっと効き目が早かったりします。

 

それでも、マインドの手法を伝えていくと決めて、

社団を通して今年も、公認インストラクター全員で「マインドセット講座」を提供していきます。

 

近々、ご案内させて頂きます。

 

一般社団法人MindLabo

代表理事 片浦啓子

 

 

  • Category:
  • Author:selfmanagement