新着情報

NEWS RELEASE 新着情報

2022年02月

【社内勉強会】淡々と物事を進めていくメンタリティ

こんにちは、一般社団法人MindLaboの片浦です。

星の数ほどあるHPより、公式HPにお立ち寄り頂きまして、ありがとうございます。

 

さて、2022年今年も2ヶ月が終わろうとしています。

みなさんは、どんな進捗度合いですか?

 

わたしたちは昨年度から継続的におこなっている「オンライン勉強会第2回」が

2月20日(日)の午前中にございました。

 

20代前半に日本画を習っていたことがあるのですが、

日展会員でもある画家の方に、1枚の絵を描くのには、

100枚のスケッチが必要と言われ、

当時はその重要性と意味を理解することなく聴いていました。

 

今は、物事の本質だと感じます。

 

例えば個人的な私見ですが、研修登壇に向けて1ヶ月前から準備をしていきます。

同じコンテンツであったとしても、インプットからしていきます。

 

コーチングの業界では、習いはじめた10年前は「聴く、質問、承認」と言われてきましたが、

現在のコーチング業界では、「問いとフィードバック」と言われています。

 

変化した知識、新しい時代に活用する語彙、新しい知識等、変化に着手する必要があります。

何が言いたいかですが、インプットする知識や情報にまずは着手することです。

 

わたしたち公認インストラクターは、当たり前ですがそれぞれの課題があります。

1つの個性だと捉えています。

 

その課題を改善するためにも、まずはインプットです。

そして、技術に変えていくアウトプットをする。

その繰り返しです。

 

淡々と物事を進めていくメンタリティを醸成する。

 

学生であっても、社会人であっても、企業人であっても、起業人であっても、

成功していく大きな要素だと捉えています。

 

継続力

 

これがすべてかもと、最近は感じるくらいです。

何かの参考に、又はみなさまの気付きになればと感じます。

 

2022年12月、社団メンバー含めて5人で、

肩を並べてみんなで一緒にゴールしていきたいと、

今からイメージしています。

 

追伸

コンテンツ開発のコンサルティングを個別で行なっています。

ご要望があるとその方には「課題図書」を選定させて頂きます。

どの本を活用するのか、その選択がまた未来を創ります。

 

ご提案させて頂いた山積みとなる本を見て、

自身も勉強になるため、有り難いと感じます。

新しい本も含めて、自身も再度読破していく必要性がありますね(笑)。

 

IMG_0372.jpg

 

一般社団法人MindLabo

片浦啓子

 

  • Category:
  • Author:selfmanagement