新着情報

NEWS RELEASE 新着情報

2021年9月

【秋講座・第1回目】心の持ち方

こんにちは。代表の片浦です。

星の数ほどあるホームページの中から、公式HPにお立ち寄り頂きまして、誠にありがとうございます。

 

さて、20201年9月26日(日)10時~12時

風の時代に必要なマインドセット秋講座が開講致しました!

 

すっかり定着したオンライン講座ですが、

今回は春講座にご参加した方々の中から、

ご継続して頂いた受講者方々とシークレット講座として開講致しました。

 

担当講師はわたくし代表の片浦啓子でした。

テーマは「心の持ち方」です。

 

私たちは、「自分らしく幸せで豊かに生きる生き方」を支援する組織です。

目に見えない思考や感情を扱います。

 

第1回目は、人には2つの生き方があるとお伝え致しました。

1,「わたしは幸せで豊かである」という生き方。

2,「わたしは幸せで豊かになりたい」という生き方。

 

あなたはどちらでしょうか???

 

I am Happy.

I want to be Happy.

 

世界の原理原則は、「人は心の波動(波長)と同じ現実を引き寄せる。」です。

 

「~になりたい。」とは、そうでない波動(波長)であるということ。

「~である。」とは、そうであるという波動(波長)であるということ。

 

そして、Happy(幸せ)とは、感じること。

幸せとは、見出すこと。

価値を見出すことと同じです。

 

では、見出すためには???

 

それは、感謝することだと言われています。

感謝ノートを書くのも効果的です。

 

わたしは、毎日口頭で感謝することを言葉にしています。

○○さん、ありがとう。

 

今ここに居てくれる人

過去に出会ってくれた人

あの世に行かれた人

命を繋いでくれた人

 

文面を今読んでくださっているあなたにも、感謝しています!

 

今ある不安に自分の心を浸すでのはなく、

感謝に心を預けていけるといいですね。

 

第1回目目のテーマ「心の持ち方」でした☆

 

By かたうらけいこ

 

  • Category:
  • Author:selfmanagement

【風の時代の心の持ち方】感情との向き合い方3

こんにちは。代表の片浦です。

星の数ほどあるホームページの中から、公式HPにお立ち寄り頂きまして、誠にありがとうございます。

 

今日は、秋分の日でしたね。

昼と夜の時間が半分、陽と陰の時空が半分、個人的におもしろい日だなと思っております。

 

中庸です。

 

ちなみに、お釈迦様はこの中庸を大事に人生を生きていくことを説いています。

わたしは無宗教ですが、どちらかと言えばアニミズム派ですが、

この中庸という言葉が、なぜかとても好きです。

 

心の持ち方として中庸は何かと言えば、自身は統合だと思っています。

 

この統合のお話はまたの機会にと思っていますが、

統合のためには、ネガティブな感情の扱い方が重要になります。

 

さて今日は、感情の扱い方3として、

「ネガティブな感情の扱い方」をお伝えします。

 

 

1つ目は・・心で味わうことです。

 

 

これは・・正直とてもキツいです。

自分のネガティブな感情と向き合うことなので、あまりにもしんどい時は止めておきましょう。

 

味わうとは、心の嵐や雷や大雨に付き合ってあげることです。

 

つらかったね

かなしかったね

さみしかったね

 

何度も何度も、自分にやさしく伝えてあげてくださいね。

 

 

2つ目は・・体で味わうことです。

 

 

感情と体は繋がっていると言われていて、例えばさみしさは肺にきます。いかりは腰にきます。

秋にさみしくなってしまうときは、体を温めて、湿度に気をつけていくのもいいですね。

 

体のどの部分が、収縮している感じですか?

体の声を聴いてみてください。

 

ネガティブな感情は、体で受け止めていきましょう。

あなたの体のどの部分に、痛みや収縮が起きていますか?

 

秋分の日が終わると、ぐっと気温も落ちてきますね。

お身体は温めてお過ごしくださいね。

 

 

By かたうら けいこ

 

 

  • Category:
  • Author:selfmanagement

【風の時代の心の持ち方】感情との向き合い方2

こんにちは。代表の片浦です。

星の数ほどあるホームページの中から、公式HPにお立ち寄り頂きまして、誠にありがとうございます。

 

今日は、わたしが最近はまっている器の展示会がありまして、出かけてきました。

 

最近料理が好きで、子育てがほぼ終わった状態で何を今さら?と言われそうですが(笑)

今は、ひとり静かに料理をつくる時間がとても好きです。

 

これまでは、仕事と育児の両立で、とにかく手際よく用意することが第一優先でした。

でも、今は器から選び、料理を考えて、ひとりもくもくと料理しています。

 

前置きが長くなりましたが、感情は自分が創りだしているのをご存知ですか?

 

感情は沸いてくるので仕方ないのですが、自分の内側から沸いてきていて、

他人や事柄が与えているものではないと言われています。

 

であれば、楽しい又は自分を喜ばす時間を沢山つくるようにしています。

 

あなたが喜ぶことは何ですか?

あなたが楽しいと思うことは何ですか?

 

 

 

あなたのこころの中にしか、答えがありません。

 

 

 

そして、自分の心の声を知りたいためには、どうしたらよいと思いますか?

 

 

 

そう、まずはやってみることなんです。

 

 

 

あなたの心の持ちよう(心の声)は、外側に現れてきます。

楽しいのか、楽しくないのか、現実に現れてきますよ。

 

今日は、感情の向き合い方の方法として、

まずは自分が楽しいこと、喜ぶことに取り組んでみる!

 

 

ぜひ、おこなってみてくださいね。

秋の夜長を楽しんでいきましょう!

 

 

By かたうら けいこ

 

 

 

  • Category:
  • Author:selfmanagement

【風の時代の心の持ち方】感情との向き合い方

こんにちは。代表の片浦です。

星の数ほどあるホームページの中から、公式HPにお立ち寄り頂きまして、誠にありがとうございます。

 

今日は魚座の満月、そして中秋の名月の十五夜です。

投稿している名古屋では、15時過ぎから雨が降り出して、

どうも名月を見ることは無理かも・・です。

 

満月の日は、自分の心の中にある感情が表出しやすいのを、ご存知でしょうか?

 

これはエビデンスも取られていて、交通事故の多いは満月の日であると言われています。

さらに少し怒りっぽくなって大切な人と喧嘩してしまう確率も高くなるそうです。

オオカミ男になるのも(笑)、理にかなっていると言えそうです。

 

さて、わたしたちが持つ感情は、意外と向き合えない方が多いと、

人を支援する上で捉えています。

 

そして、自分の感情になかなか向き合えない人は、

他人の感情に向き合うことも、苦手な人が多いです。

逃げてしまうといいますか・・。

 

内側が外側をつくるインサイドアウトの原理でいえば、

自分との向き合い方は、他人との向き合い方と相似しています。

 

最初に前提としてとても大切なのは、どんな感情も大切な感情だということ。

 

ポジティブであらねばならないという社会風潮が、

うつを呼び起こし、うつを広げてしまった原因の1つだと捉えております。

 

ネガティブな感情を持ってはいけないと、優秀な人ほど自分にルール化してしまう。

それは自分にとって、とてもキツくなります。

 

まずは、ここからいきましょう。

どんな感情も大切な感情であると。

 

なぜなら、わたしたちは感情を味わうために生きているのですから。

まずは、そう思ってみてください。

 

明日は、どうしていくことが大切か投稿しますね。

 

by かたうらけいこ

 

 

  • Category:
  • Author:selfmanagement

【風の時代の心の持ち方】新しい在り方を見つける

こんにちは、代表の片浦です。

数多くのHPよりお越し頂きまして、誠にありがとうございます。

 

来週から「風の時代に必要なマインドセット・秋講座」が開講致します。

今回は、春講座のご参加方々のみのご受講となり、

一般向け皆様にご案内をさせて頂くことを残念ながら取りやめた次第です。

 

ただ、公式HPにはエッセンスを本日から投稿していこうと思っております。

よろしければ、お付き合いくださいませ。

あなたの人生や仕事に、何かしらのヒントとして、活かして又は運用して頂けると嬉しいです。

 

テーマ:新しい在り方を見つける

コロナ禍により、わたしたちの働き方や価値観が大きく変わりましたね。

会社に週1出勤で働き方が変わった方々や、事業を大きく変化せざる終えない法人方々等、

本当に「変化」を大切とする時代の幕開けのように感じます。

風のように思考や行動も軽くあることも大切。

 

こんな時こそ、「何をしたらいいですか?」と問われること以上に、

「どのような生き方に変化していくのか?」又は、「どのような選択をしていくのか?」と、

もっとBeingに向けていくことが、より上手くいきやすくなります。

 

なぜならば、目に見えないBeing(在り方)が、現実と相似になっている世界だから。

これは、誰にも変えられない自然の摂理でもあり、抗うことができない流れ。

 

「どう在りたいのか?」「どんな心持ちで生きていくのか?」

時間がある今こそ、自分と内省する時間も大切にしていきましょう。

 

変えられないものではなく、変えていけるものに目を向けていけると、より上手くいきやすくなります。

いつもありがとうございます。

 

かたうら けいこ

 

  • Category:
  • Author:selfmanagement