新着情報

NEWS RELEASE 新着情報

【マインドセット講座19】レジリエンスとは何か

こんにちは。

一般社団法人MindLabo 片浦啓子です。

星の数ほどあるHPより、お越しいただきまして誠にありがとうございます。

 

2022年5月29日(日)10時~12時、

第2回目 風の時代に必要なマインドセット講座2.0 が開催されました。

 

後半は、波木ゆかり講師の講座でした。テーマは、「レジリエンス」です。

コロナ禍の中で、心理学用語として世に広まった言葉「レジリエンス」があります。レジリエンスとは何か、簡単に言えば「回復力」です。

 

私事ですが、先々週の土曜日に食あたりをして、1日嘔吐が止まらず大変でした。

日曜日は立つこともままならず、月曜日は心肺停止ぐらい(笑)すべてが停止していました。

(2年前から打撃やストレスが、胃腸にくるようになっています)

 

また、年齢も大きく影響するのではないかと感じておりますが、身体も心も「回復力」に時間がかかるようになりました。

 

80代の母を見ていて感じるのは、年々回復力に時間がかかるのを実感しています。

それはそうですよね、細胞にも若さがあります。

 

何を申し上げたいのかと言いますと、50代になって、回復に時間をかけるようにしています。

 

ちなにに、ストレスは、ストレッサー(ストレスの原因となるもの)という表現で数値化されています。

成功しても、ストレスなんです。おもしろいです。

ライフイベントとして、代表的なモノは以下にあります。

 

配偶者の死 100点

離婚 73点

親族の死  63点

結婚 50点

解雇・失業 47点

退職 45点

転職 36点

配偶者との口論の大きな変化 35点

息子や娘が家を離れる 29点

個人的な成功 28点

 

あくまでも、学術的なエビデンスの1つではありますが、傾向値としては知っておくと目安になります。

ストレスは悪いものではなく、日々適度なストレスがあることも重要であると言われます。

 

ただ、そのストレスに対して、どう回復していけるのかは、個人の技術(ストレスマネジメント力)になると考えています。

コロナ禍においては、回復力はこれからもっと大切になってくると考えます。

 

話は長くなりましたが、波木講師の「レジリエンス」講座は、レジリエンスとは何か、

どのように回復していくことが大事なのか、心理的ストレッサーに関しての対処の仕方を学べる講座です。

 

まさにマインドセットが大切になります。

 

また、波木講師は、日常にヨガを取り入れて整えていらっしゃることを伺っております。素敵な習慣だと感じています。

 

このヨガのベースとなる「マインドフルネス」もレジリエンスにとても有効な手法であり、

実践されているからこその、言葉の影響力が大きいと講座を受けて感じた点でもありました。

 

波木講師がレクチャーされた「マインドフルネス」に、ご受講の皆様の反応がとても高く、自身も拝見していて驚いております。

興味を持たれる方が、やはり多いのですね。

 

波木講師は、コンテンツ構築がとても上手く、現役講師の自身も参考になっています。

ロジカルシンキングをベースとした構築で、腕を上げています。

 

また、身内の話しになってしまいました(笑)

失礼致しました。

 

「わたしは、何にストレスを受けているのだろうか?」

内省する(セルフリフレクション)の問いです。

 

一般社団法人MindLabo

代表理事 片浦啓子

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【ご案内】

5月15日から開講中

「風の時代に必要なマインドセット講座2.0」

https://www.self-management.or.jp/course/

 

  • Category:
  • Author:selfmanagement