セルフマネジメント(自己管理能力)~自分の土台を整える~
セルフマネジメント
(自己管理能力)
~自分の土台を整える~
セルフコーチング(自己との対話・自分の内なる声)~心づくり~
セルフコーチング
(自己との対話・自分の内なる声)
~心づくり~
マインドセット(人格に応じた結果を手にする)~自分の心に何を設定するのか?~
マインドセット
(人格に応じた結果を手にする)
~自分の心に何を設定するのか?~

NEWS RELEASE

【募集中】秋ベーシック講座2019
2019年春講座ベーシック講座の風景
【お礼】ベーシック講座募集の締め切り
ホームページをオープンしました

講座案内

会員制度

私たちについて

About us

はじめまして・・
たくさんのサイトの中から、一般社団法人日本セルフマネジメント開発協会の公式ホームページにお立ち寄り頂きまして、誠にありがとうございます。
弊社は2018年11月27日に創立したとても若い協会です。
ただ、株式会社Calmの未来志向塾として実は2011年から活動を開始しているチームであります。

私たちのモットーは『心づくり』・・
そのために、『内側の変容』をキーワードに、『セルフマネジメント開発』に着手しております。
人が最大なるパフォーマンスを発揮するためには、人間力とも言える土台が必要と考えています。
人間力を高めるためにも『心づくり』が大切だと考えています。

マインドセット「心づくり」はこれからの時代、とっても大切な概念です。大手企業様も、その必要性を理解し、昨今ではマインドセットを企業研修等でも取り入れているぐらいです。テクニックより高度なスキルとも言えます。「何を心の中に設定しているのか?」で環境がつくられる私たちのこの世界、シンプルで幸せに豊かに生きていく、生き方のお手伝いをさせて頂きます。

人間力を高めるための『心づくり』
『内側の変容』をキーワードにした『セルフマネジメント開発』

イメージ

一般社団法人日本セルフマネジメント開発協会について<

About Our Association

一般社団法人日本セフルマネジメント開発協会は、大切な“3つの事”をご提供しています。
そして、SNSが盛んである中、「リアルなふれあい」を大切にしています。

1.マインドセット

長年の人材育成経験から、原理原則×テクニックを伝えていくことの方が、より効果を生みやすいと気付き、原理原則×コーチングを掛け合わせ、独自のマインドセット・コーチングを開発致しました。特に、自分の基盤(ファンデーション)を整えること(セルフマネジメント)が、とても大切であると考えます。

時代が変っても国が変っても変らない法則である原理原則に基づいて、ご自身の専門性やスキルやテクニックを活かしていくこと。
この考え方をベースにすることで、あなたが現在活用しているスキル・テクニックがより機能していきます。

マインドセット

2.セルフコーチング

私たちは日々、ふたりの対象者にコミュニケーションをとっていると言われています。それは、他人と自分です。特に自分とは1日6万回の思考をしていると言われるぐらい、自身と対話をしているわけです。であれば、自分との対話の質が大事となります。

また、自分自身のモチベーションを維持するために、人の評価や承認ではなく、自身でモチベートすること。そんな状態が創れたら、より自分らしく生きていけるのではないかと考えています。

さらに、「自己受容が他者受容」に繋がります。自分を受容して、自分自身のモチベーションを自身で維持できるようにすれば、実は相手との関係性においても影響があり、人との関係性も上手くいきやすくなります。

セルフコーチング

3.マインドフルネス

忙しく日々仕事をしている私たちは、多くの事を考えながら、多くの事をしながら、毎日頑張っています。そんな中で、「今、ここ」を生きている人がどれぐらい居るかと言えば、ほんの一握りかもしれません。

携帯を見ながら昼食を取る、過去の事を悔やみながら移動する、明日の事を考えながら人の話しを聴く等、本当にそんな毎日が続きますね。それだけ、世の中のスピードも早いため、マルチタスクに動いていく必要があるからです。

ただ、幸福論という学問から言えば、「今、ここ」に生きていない人は、幸福度が落ちるそうです。つまり、何か他ごとを考えながら過ごしていると、人は幸福感を感じることがしにくい生き物だと言うのです。

そこで昨今ブームであり、Googleが提唱している「マインドフルネス」(満ちている状態)という考え方は、これは日本の禅から来ている概念でもあり、私たち日本人としてもとりいれやすい、DNAに合いやすい、スキルとも思っています。

わたしたち一般社団法人日本セフルマネジメント開発協会でも、この『マインドフルネス』の概念を活用しています。

マインドフルネス

イメージ
リンクリンクリンク